BLOG




岩牡蠣も順調に育ってます。

岩牡蠣は、5月中旬以降の出荷になるのですがこの時期は、岩牡蠣に着いたフジツボ(フジツボが、牡蠣の栄養分の海中のプランクトンを奪ってしまう為)を取ったり出荷に向けて準備をしています。

真牡蠣と並行しての作業なのでこの時期もやる事が沢山あって大変。

でもこんな地味な作業等をコツコツとやる事によって美味しい牡蠣が出来ると信じて頑張ってます。

岩牡蠣は真牡蠣に比べ作業が多く管理も大変で大体、真牡蠣の3倍ぐらい手間をかけ育てています。


岩牡蠣は、まだ出荷出来ませんが今は真牡蠣が美味しいので牡蠣が食べたい方は真牡蠣をお願いします。岩牡蠣に比べ小粒ですが美味しいですよ。










おうた水産で扱っている能登牡蠣(真牡蠣)の旬は広く知られているな牡蠣の旬とは少しずれています。

一般的な旬は、真牡蠣は秋から冬(10月から3月ぐらい)のイメージですが、

おうた水産の真牡蠣の旬は2月ぐらいから5月ごろです。

勿論、12月、1月の牡蠣も美味しいのですが、生産者がおすすめする美味しい時期はと聞かれると間違いなく今の時期から5月までです。

牡蠣は、自然の環境に左右されるので毎年多少のずれはありますが、6月ぐらいから産卵が始まります。牡蠣の産卵が始まると身が瘦せてくるのでどんどん味が落ちていきます。

逆に、産卵前の5月ぐらいの牡蠣は本当に身がパンパンで味もよく栄養たっぷりの美味しい牡蠣です。

シーズン中は(11月ぐらいから5月末ぐらい)ずっと牡蠣の身入りと、品質のチェックをしているのでドンドン牡蠣が良くなっていくのがわかります。


おうた水産で販売している牡蠣は、少し小ぶりのサイズですが身入りが良く栄養たっぷりの美味しい牡蠣です。もし、機会がありましたら食べてみてください。







この仕事をする様になってから、改めて自然は凄いなと思うようになった。

牡蠣の養殖は、自然に委ね、自然の恵を享受して成り立っている部分が多く、人は、あくまで牡蠣と自然環境を見ながら牡蠣が育ちやすい様に補助している感じ。
でもまあ、放ったらかしでは無いので日々の管理や、手入れなど結構大変ですが。


ただ、自然は怖いと思う時もある。
冬は、急に天候が変わって風が強くなって海が荒れたり、雪は傍から見ている分には綺麗だが船の上で作業する時は滑ったり、船を運転していてもホワイトアウトみたいになって前が見えない時もあって怖い。
5年か6年程前に、船に雪が積もってロープが見えなくなって足に絡まって海に落ちた事もある。

なので、正直、大雪の時の船での仕事はちょっと怖い。

だけど、自然には絶対に勝てないので上手く付き合っていくしか無い。

雪。

普通に生活する際には雪が降ると大変なことが多い(寒い、車の運転が大変、雪かきが大変など)

しかし、1年中ずっと牡蠣のことばかり考えていると雪が降ると嬉しいこともある。

因果関係は分からないが、雪が降ると牡蠣(真牡蠣)の身入りがとても良くなってくる。

なので、雪がが降ると少し嬉しくなる。



ただ、2018年のように雪が降りすぎて交通機関がマヒし発送できない状態は困るので程々に降ってほしい。


程々の雪は、見慣れた風景が趣のある景色にかわる。




おうた水産では、直売の際に新型コロナウイルス感染症防止の取り組みとしてお客様へのお願いをしております。ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。


お客様へのお願い

 ※直売でご来店の際は、マスク着用のご協力をお願いしております。

 ※接触機会を少なくする為、paypayやlinepay等のQR決済を推奨しております。

  (勿論、現金でも大丈夫です)



おうた水産の従業員もマスク着用しております。お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。


例年より遅くなりましたが、能登牡蠣の販売を開始します。

牡蠣の身入りが、良くなってきました。

牡蠣の身入りはどうしても自然環境に左右されるので、販売時期は毎年違います。


今シーズンも、美味しくて栄養たっぷりな能登牡蠣をお届けできるよう全力で頑張ります。

よろしくお願いします。





申し訳ございません。

毎年大体、11月中旬ぐらいから牡蠣の販売、発送を開始しておりますが、今シーズンは牡蠣の身入りにばらつきが多いので殻付牡蠣の販売、発送を少し延期させて頂きます。


12月1日からの販売、発送を予定しています。

申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。




気嵐とは、気温より海水の温度が高い時に海面から湯気みたいに霧が立ち込める状態のことです。

大体毎年このぐらいの時期に見られます。冬の始まりです。

寒くなると生活するには不便ですが、牡蠣は寒くなった方が身入りが良くなるので複雑です。
牡蠣は、まだ身入りにばらつきがあるのでもう少しお待ちください。






壊れた機械も交換したのでまた頑張って仕事をします。


牡蠣の身入りを良くし、美味しくする大事だけど地味な作業です。

おうた水産では、大体10月ぐらいから一度牡蠣を収穫します。


まずは、牡蠣を海から上げます。



海から上げた牡蠣は今度は作業場まで持っていきます

このナタを使って牡蠣とゴミとを分別します



牡蠣は、ホタテの殻にくっついて成長します。牡蠣自体もくっついているので、ナタをつかって牡蠣を1個づつにばらばらにしていきます。



フタが開いて死んでしまっている牡蠣もあります


大きな牡蠣や、小さな牡蠣もあるので分別します。

左が小さい牡蠣、真ん中が死んでしまっている牡蠣、右が大きい牡蠣です。

毎年そうですが、何割かは死んでしまっています。何が原因かわからないのですが・・・・

(夏場の海水温が高かったせいか、水中の酸素濃度、プランクトンの量など様々な要因がありますがちゃんとした理由は分かりません)

大きい牡蠣と小さい牡蠣とを分けてかごに入れもう一度海に戻します。


牡蠣がくっついたままだと成長しずらいので、手間はかかりますが1個づつばらばらにして成長しやすくします。(こうすることによって、牡蠣の身入が良くなり、美味しくなります。)

地味な作業ですが大事な作業です。


海に戻して1ケ月か、2カ月ぐらいしたら、

むき身は殻を剥いて出荷しますし、殻付牡蠣は高圧洗浄機で殻についている汚れを取り除いて綺麗にして出荷します。

牡蠣の仕事をするまで分かりませんでしたが、牡蠣は結構手間ひまをかけ育てています。


  

岩牡蠣の仕事も落ち着いたので、区切り良く今日から真牡蠣の仕事に取り掛かろうとしたら
海の中から牡蠣を揚げる機械が壊れて動かなくなっていた。

これは高いらしいけど、この機械が無いと海から牡蠣をあげることができないから購入するしかない。

自分ではどうすることもできないし、修理してもなおらないというので新しいのを購入することにしました。


更には、船から陸上に牡蠣を移動するクレーンも壊れて動かない。これは、予備を持っていたので取り付けて貰いました。

(下の画像は、新しいのに取り付け後です)



今日から、真牡蠣の作業を頑張ろうと気合を入れていたけどスタートからつまずいてしまった。

忙しい12月に壊れなくてよかったと、前向きに捉えて今できることを考え、頑張ろう。
前を向いて頑張ろう。



最近、少しづつ涼しくなってきた。

岩牡蠣は、暑くて海水温が高くてもクリーミーで美味しい牡蠣に育ってくれるけど、
真牡蠣は、やはり寒くなって海水温も下がらないと美味しい牡蠣に育ってくれない。

広島などの産地は、10月ぐらいから牡蠣の出荷が始まる様ですが、おうた水産では早くて11月ぐらいからむき身が始まり、殻付きは大体12月ぐらいから始まります。

理由は、10月は身入りが良くないからです。

何故、身入りが良くないのかわからないのですが・・・

正直、11月も微妙ですが牡蠣を剥いてみて、良い牡蠣のみを選別して発送しています。

なので、中が見えない殻付き牡蠣は、発送していません。

牡蠣を剥いていて良い牡蠣の割合が高くなってきたら殻付き牡蠣の出荷を始めます。

なので、牡蠣が良くなって来たら11月中旬ぐらいから出荷を始める年もあります。


おうた水産の、牡蠣(真牡蠣)はまだ始まりませんので気長にお待ち下さい。

今の時期は、岩牡蠣のカゴの入れ替えを頑張っています。

それが終わったら、真牡蠣の作業に取り掛かります。身入りがよく美味しい牡蠣に育つように、地味ですが大事な作業を頑張ります。

地味な作業はまた、今度書きます。









毎年、大体この時期に船の塗装を塗り直したり、船の点検をします。

一年経つと、船の横や底とかにフジツボがついたり塗装がはげてきたりするので。

このフジツボを手作業で取って、

金タワシで磨いて綺麗にして
白と赤に塗装
これで完成
船は、傷んでいるところが無くて良かったけど、電気系統と、バッテリーが傷んでいた。
海水は、やはり電気系統にはよく無いらしい。交換する事にした。


また、1年この船と共に頑張ろう。